不倫の調査はプロに任せよう【探偵に依頼できる内容を把握】

探偵の歴史

説明

埼玉の探偵は昔から調査力の高い存在として注目を高めていました。探偵はドラマのように華やかな仕事とはいえません。そのため、探偵に対するイメージも改めて持つと探偵の事がよく分かってくるはずです。

探偵のイメージ

手帳と虫眼鏡

探偵はメディアによる、イメージの誇張により派手と思う人もいます。ただ、ほとんどの探偵はそのようなイメージのある仕事をしていません。探偵の仕事は実は地味な場合が多いはずです。

不貞行為とは

男性と女性

不倫を理由にした離婚で、相手に慰謝料を請求するために必要な条件が不貞行為の証拠です。不貞行為とは、配偶者以外の異性と、肉体関係を持つことを言います。気持ちの浮気や、配偶者以外の異性と何度も会っていたり、キスしている現場を押さえたとしてもそこに肉体関係がなければ不貞行為にはなりません。不貞行為の証拠として認められるのが、2人で一緒にラブホテルに入っていって20分以上の時間をそこで過ごしていた場合や、2人で旅行に出かけて同じ部屋に宿泊していた場合など肉体関係があったと推測できる証拠が押さえられれば、それは不貞行為の証拠として離婚の調停や裁判で認めてもらえるようになってきます。

さらに、不貞行為を行っていた証拠として有利になる情報は2人が親密になっていく過程や、肉体関係を持つにいたる過程も押さえおくことです。一緒に食事をしたり、お酒を飲んだりしている場面をおさえておくと不貞行為が認められやすくなります。不貞行為を認めさせる時には、不倫相手が配偶者にとって親しく付き合っている友人とは違うといった証拠を押さえることが、ポイントになっています。離婚のために動き出す時には、不貞行為の条件を満たす情報を得てからにしましょう。相手が浮気をしていることが分かった時には、離婚といった選択肢も出てきますね。浮気を理由に離婚する場合は慰謝料の請求が出来るようになってきます。慰謝料は、相手が不倫という不貞行為を行うことによって精神的な苦痛を感じたことに対する慰謝料として請求できます。しかし、パートナーの素行を調査してばれてしまったら意味がないので探偵に依頼するようにしましょう。探偵であればごく自然な形で近づくことができますし、顔も知られていないので親密にしている姿を撮影しやすくなります。

探偵の料金

女性

探偵に依頼すると料金がかかるため、依頼する際には気をつけておくと良い。探偵の歴史は古く、今と変わらないような仕事内容と同時に、今に比べて探偵の数も少ないため人気を集めていた。